2010年07月31日

特にいいわタイトルとか

ナニカに縛られて生きるとかまっぴら。

ソーゆー意味で不動産とかなかなか持つ気になれないのね。

反面、
世の中には、ナニカに縛られてないと生きてる実感ナイって人もいる。

ま、それも正論かもシンナイわ。


けどま、少なくとも不動産をカッチマッタわけじゃないんだから、
ま、気持ちはできるだけ自由にありたいわ。

でもさ、自由ってのは無責任とは違うのよね。
その差ってデカイのよ。

責任て、どこにいようが何をしていようが、実は発生してるもんなのよね。
気がつかない場合も多いけど。

そんで私が最近とみに思うのは、責任てのは土地に対する責任だと思うワケよ。
このばーい、不動産的な、土地建物的な土地じゃあないのよ。
場所って意味の土地だわね。

私は人間生まれた場所に対する責任、もしくは生活する場所への責任てあると思うわ。
人間、土地(てか大地かしらね)と切り離しては生きてけナイと思うわ。
なんだかんだ言って、その土地にはその土地を管轄してる神がいると思ってんのよ。


ま、長い話になるから、いいわ別に・・・・


かいつまんでイヤー、
そこで生きていこうと思ったら、
その土地に責任を持つべきなんじゃないですかってだけね。

だから昔から提唱してるように、
田舎モンは田舎に帰ったらイイのよ。


・・・・ホントに長い話になるからいいわ。






posted by ガミガミ at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラッとした

イラっとするのはヨロシクナイ。

知ってます。

でもイラッとした。ひさびさに。
(ソッコーで党首から指摘された)


だけどさー、

時間が埋まっていること=仕事をしている

かのような勘違いをしたヤツって、もうどーーーーーーーーーーーにもなんないでしょ、
40も近くなってさ。


「忙しい忙しい」「これもあれもやんなきゃ・・・」
・・・・て、見てると何も片付いちゃいないわけよ。問題は依然として残ってますって。
てか、時間の使い方、間違ってませんか?
てゆーより、はっきり言って、
アタマの使い方、間違ってませんか?

て話。


それで、しょーがなく手を差しのべたら、
その仕事、こっちがやるのが当然だって勘違いしやがった。
手を差しのべたら川底まで引きずりこまれそうになったってことよ。

あービックリした。

溺れる犬は棒で叩け

ってゆー、どっかの半島のことわざが、妙にリアリティをもって感じられた今日の昼下がりなのよ。
てか、動物や昆虫ならいくらでも助けるけどさー・・・・・・
40近くなった人間を救うこたー難しいわ。

アタマの使い方をレクチャー出来るほど、こっちもかしこかーないのよ、あんた。




posted by ガミガミ at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

風邪をひいてダルい

夏風邪じゃ。

一昨日からダルいと感じていて、うまいモノ食えば治るかと思ったが、
そこそこ美味いハズと思っていた天ぷらも行ったら今2な感じで、
もしかしたら天ぷら屋のせいか、自分の体調のせいか、今となってはワカラン。
しかし、仮に天ぷらの腕前が今2だとしても、おかみさんとか、職人の人柄とか、店のストーリーを応援するよ、
って話とか考えると、単に「二度と行かない」とはならないワナ。

しかし料理屋に関わらせていただくようになって、これまで単純に、うまいのまずいの、あーだのこーだのと
比較的簡単に右脳的にジャッジをしていたのが、むしろ最近は左脳的な要素がでかくなってきていて、
単純に食を楽しんでいるとは言えなくなってきてんなと感じる。
それも含めて、食に関わるいろんなことが面白い。
わかったような気になってるすべてのことが、自分まだまだわかってねーな、ってことがわかる。

ダルいといえば、ダルビッシュ。
松茸食ったよと言ったら、どっかのオッサンが「この不況時に(食いたくても食えねーヤツもいんだから)口を慎め」的なこと言ってきたらしい。
アホか。
それに対してダルの返したド直球が見事だった。

まー、言うように、なんでも
右見て左見てやってたってしゃーナイと思うね。
右や左と歩調合わしてんのが美徳だか幸福だかシラネーけど、それでいいことあるのかね?
右と左がビンボーだから、マツタケ食ったことは言うなって、
右と左が戦争しようって言い出したら、ホントは戦争反対だけど、武器を持てってことかいな?
やなこった。

ビンボー人ならビンボー人らしく、
俺はエノキダケをマツタケよりうまく食う術を知ってるぜ、ぐらい言えってんだよ。
その方がプライド感じるってもんだよ。


てか、まあ何だって食えてるうちが花だよ。
いろいろな条件揃ってこそ、食いたいモンが食えるわけじゃん。
だいたい、世の中が平和であってこそだし、
四季が確保されてるような自然環境じゃなきゃ、旬のものなんか、そもそもナイわけよ。
経済もそうかも知れないが、健康だってそうでしょ。
いつ、食べたいものも食べられないようになるかも知れたもんじゃないってのにさ。
桑田佳祐、食道ガン。


ね、生きてるといろいろあんだからさー。


posted by ガミガミ at 03:37| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

できるとできないの差

こんなこと言っちゃー身もフタもないんだが、
デキる人とデキない人の差ってのは、もうどうしようもなくてどうにもなんないのかも知んない。

デキるデキないは、仕事ってだけじゃないんだけど。

見ていると、どうも、自己認識力の差なのかなって思えてくる。
自分との向き合い方力ってゆーか。

現状、ナニカが「できない」「できていない」ってことを認められるか、られないかの差?

「できない」こと自体はまったく問題ではないと思うのだけど、できない人は、できないという事実に目を向けることがすでにできないのじゃないか?

「できない」という事実を認識するというか、フツーに受け入れれば、その後の選択肢は2つしかなくて、
1.できるようになる
2.できないままでいる
このどっちかを選べばいいわけだ。

できないことを知っていて、2を選ぶのであれば問題はない。
1を選べば、できるようになるためにはどうするかを考えりゃいいので、これも問題はない。

なので、できないということを認識するかしないかだけ。

あと、総じてデキない人ってのは、
ドラスティックに何か(や自分)を変えることを極端に恐れる傾向あり。

四の五の言わずに変えてみりゃいいものを、
「今じゃない」とか、変わらないでいることの価値を見いだそうとしてしまう。

ま、頭で考えたってワカンナイんだったら、行動を変えりゃいいんだと思うけどね。

要するに変わりたくない自分を愛して愛して愛しちゃったのよ。
やややんやん♪


みたいな。


しかし、それだったらブツブツ言うのはナシにして欲しいぜ。




posted by ガミガミ at 00:57| 東京 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

なんとなく

100726_2031~01.jpg気分がどんよりしてるので、買ってやった。
すでにハッピー感充填!
posted by ガミガミ at 20:38| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飽きたから

タイトル変えてやった
posted by ガミガミ at 20:17| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

『サマーウォーズ』見たら泣いた

summerwars.jpgサマーウォーズ [DVD]

まったく知らなかったのだけど、これ去年超ヒットしたらしいのね。
で、みんな「イイ」って言ってるから見てみようってことで借りた。

予備知識ゼロで見たんだけど、泣いたわ。

おばあちゃんのセリフで泣かされた。

家族は仲良く。
なにより心配するのは、お腹がすいていないかどうか。
お腹がすいていることは良くないこと。
食卓は家族みんなで囲んで、おしゃべりしながら食べること。
それさえできていれば、幸せというもの。


とか

身内が罪を犯したなら、身内の全員をもって挽回すること

とか。

死んだ後で、おばあちゃんが自分で、死後読ませるように手紙を書いておく、とか。

自分のおじいちゃんのことをいちいち思い出した。
とにかくいつでも、私が家を離れるとなれば、「食事はどうしているのか」「ちゃんとうまいものを食べているのか」ばっかり。
1泊2日の旅行であろうと留学であろうと。

とても、懐かしくなりました。


あと、絵がすごい。
日本のアニメってすげー、って、改めて思わせる。
ほんっとにすごい。

いろいろな意味でこういうのは日本人にしかできない作品なんじゃなかろうか。
ネット内のバーチャルな世界と大家族の世界観が並行して走るとか。
こういうのは日本ならでは。

誇らしい。

ひとつ気になったのは、貞本っていう名前がオープニングバックに出てきて、
エヴァの人だ!ってわかったんだけど、
実際敵キャラが、ほとんど使徒だった(笑)

とにかく、ヨカッタよ。
普通に見て、普通に楽しめます。


posted by ガミガミ at 22:15| 東京 ☀| Comment(1) | 映画横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の子どもたち

posted by ガミガミ at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

ジャパンて安全だよね。

100723_2334~01.jpg命までは盗られない。
まだね。


大して珍しくはない風景。
横浜駅にて。
posted by ガミガミ at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

富士山さん!!!!

http://www.flickr.com/photos/knight3776/
これを眺めてたら、むしょーーーーーーに本物に会いにいきたくなってきた。



うちから【破片】見てるのもちょっと・・・

100718富士山のかけら
100718富士山のかけら posted by (C)gamigami

このビルほんっと邪魔!!!
posted by ガミガミ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

等々力渓谷、プチ自然

温度計は見ての通りだけど、渓谷内はさすがに地上よりはるかに涼しかったわ・・・・




水は流れているのに止まって見える。





等々力不動。




こういうもんがなかったらやってられない日々よね。




トンボが卵産んでたわ・・・無事に孵るといいね。



これ、モノクロじゃないのよ。





まあ、自然と言ってもモノ足りないけど、ないよりぜんぜんマシよね。
途中、カナブンが密集してる樹とか、黒いカラスアゲハなんかが舞っているのを見て、歓声を上げてる男の人がいたけど、まあ鎌倉では特に珍しくないのよねえ・・・
そう考えると、都内の虫たちって過酷なとこで生きてるわ。
ほんっと同情しちゃう・・・・・。

posted by ガミガミ at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のランチ

いいカメラを買ったんだけどさー、まだ勝手がワカンナイのよね。
思うようにゴチャゴチャいじれないとイラっとくるわー。
思うようにいじれるっていう点で、オリンパスが手放せなくなったわ、逆に。
それにレンズを買い足したら、不満はなくなっちゃったのよ。
でも、新しいのも持って出かけるしか、上達する方法はないのよ。

等々力渓谷に行ってみたわ。
その前に、ご飯なのよ。

等々力渓谷付近の「ざいもく屋」ってとこ。
日本家屋だけど、中華なのよね。ちょっと前まで、日本料理屋だったらしいわ。



ざいもく屋@等々力
ざいもく屋@等々力 posted by (C)gamigami



ざいもく屋@等々力
ざいもく屋@等々力(C)gamigami



ざいもく屋@等々力
ざいもく屋@等々力 posted by (C)gamigami

味とサービスに関しては、なにかこう、ちょっとアレな部分があったけど、
この建物は150年ぐらい前のものだそうよ。
とても素敵。
「ざいもく屋」ってのは、その昔、本当に材木問屋だったからだって。


posted by ガミガミ at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | たべもの横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

ロシア料理・・・本が欲しゅうございます

russo.jpgこの本欲しいわーーーーー!
春頃行った神保町の店に置いてあって、この色とりどりさ加減に心ときめいたの。
てか私発注したと思ってたら・・・・欲しいものリストに入れた止まりだったのか?

庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい!



とにかくさー、昨日ビーツを買ったので、ボルシチを作りたいが、このようなショッキングピンクに仕上げたいと思っている・・・

ナニゲにうちの母が作るボルシチが、実は店より美味かったりするのだが、私がやりたいのは、このショッキングピンクのスープ!!

しかし、ネット上では見つけられない。
ボルシチ レシピ


生ビーツ料理レシピとボルシチの作り方から栄養と保存
さ、下ゆでしよ。

【ビーツ料理のゆで方とコツについて】
ビーツ料理の基本は、この真っ赤な色素と独特の甘さを活かすことと、土臭さを消すことです。ウクライナ発祥のロシア・スープ「ボルシチ」は、その典型例
でしょう。

 生ビーツのゆで方ですが、固いので水に塩と酢を入れて丸ごとゆでてから切りましょう。それは、下ごしらえとして、くさみを取るためにゆでますが、このと
き皮をむかず、切らず、丸のままゆでることが肝要です。
posted by ガミガミ at 10:16| 東京 🌁| Comment(0) | 本横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何度か考えてみたけど、ちょっと難しい

_7130079.JPG昨日の朝、横浜駅で。
なんて書いてあるのか知りたくて、あわててシャッターを切ったのよ。
たぶん「写真」に反応したんだろうね、私・・・。

で、この方の主張について、ゆっくり考えてみたんだけど・・・・・・・・・・

ちょっと難しい。
何のことだろうか?




















posted by ガミガミ at 03:10| 東京 🌁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮尾クラスの考えることはワカラン

はっきり言ってうちのだんなより数倍カシコい宮尾ですが。


_7130084
posted by (C)gamigami



今日ちょっと、「大丈夫かな?」と思わされたのよね。

_7140096
posted by (C)gamigami

今まで宮尾って「マヌケ」だった記憶ってほとんどないのよね。
・・・・いよいよボケ入ってきたのか?
ちょっとビビりました。

ま、それでもいいけどさ。長生きさえしてくれりゃ。


posted by ガミガミ at 02:53| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

♪ここは横須賀〜 by百恵ちゃん

横須賀に行ってきたのよ。

JR横須賀駅


そんで駅降りたらいきなりさあ
海上自衛隊関係
海上自衛隊関係 posted by (C)gamigami


イカツイわけよ。
そして、沖田艦長の席はどこよ?
潜水艦なんかもいたりして。
海上自衛隊の潜水艦
海上自衛隊の潜水艦 posted by (C)gamigami


ま、かわいくないわね。
なんでこんなビンボくさい色なのかしら。なんていうかさ。
地味でしょうがないわよ。
もっと、なんていうのかしらねえ・・・
潜水艦なら赤とブルーの市松模様とかどうかしら。
てか、まあ私が言いたいのは、キティちゃんでいいじゃん、てことなんだけど。
いつもの主張よ。
キティちゃんの戦艦来たら、戦争は終わりなのよ。


それにしても横須賀。

どうやったらこんなお尻になるのかしら。顔は、小さいのよ?


夜は夜とて。

冷たいビール、あつあつなチキン、ゴキゲンな音楽ってことね。
ドブ板通り周辺
ドブ板通り周辺 posted by (C)gamigami


いろんな大使館があんのよ。


こんな調子なのよ。
ドブ板通り周辺
ドブ板通り周辺 posted by (C)gamigami


オマケ程度の日本語で「安心して楽しめる店」的なことが書いてあったわ。

こういう有様がペリーの功績なのかしらね。
ドブ板通り周辺
ドブ板通り周辺 posted by (C)gamigami


私はそうでもないわ。


♪これっきりこれっきりもう
てな感じよ。



posted by ガミガミ at 00:02| 東京 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

今週あわただしく思ったこといくつか

世の中に天使っているのよ
そんなわけで、見知らぬ他人同士で鎌倉を歩いたわけよ。
その参加者の中で1人、ヘヴィなネットユーザーではない人がいました。
どうやってこのイベントを知ったの?ってみんな興味津々だったんだけど、当日はわからなかったの。
で、翌日、その人からコメントが届いて、「いつも見ているブログに【ガミガミ】へのリンクがあり、それを通じて知ったんだよ・・・」と。
ガミガミをリンクリストにつけてる人か〜、誰だろう?
・・・・・てか、【ガミガミ】も固定ファンいるなあ、スゲーな、と妙に感心よね。
そしたら数時間後、我らが【党首】が
「あの写真に写っているのは、●●に住んでる●●さんじゃない?」と。
ビンゴ!なのよ。
なんだ!党首の友だちだったか・・・と思ったら驚いたのは次のメッセージ。
「数年前から(つまり本物のジョイトイ党首時代)読んでくれていて、ときどきコメントやメールをもらっている。結婚決まったらお祝いも贈ってくれた人。会ったことはないけど・・・」。
ちょっと鳥肌立った。
あの人、天使だ!と思ったわ。
いるのよね、天使っているのよ。
いい話でしょう?

その日は、遠路はるばる化け猫さんも会いにきてくれたし、マダムとも再会できたし。
奇跡のような1日だった。
天使が運んでくれた縁なのかしら、とか。


ネットの知り合いは、まだ知り合いプロセスでしかないってこと
翻って。
ネットていうか、ブログなんかをずっと追っていると、その人のことがわかるようになるし、親近感持ったり持たれたりね。
最近はツイッターとか。
知らない人と盛り上がったり。
だけど、だからといって、会ってすぐに「すっごく仲良くなれる」わけじゃないの。
それがツイッター(の利用だけを一気に盛り上がった)ユーザーって、慣れてないのかな?って思ったわ。
事実は「すこし知っている」ってだけなのよ。
初対面に毛の生えた程度だっていうことなのよね。
・・・なんかちょっと、「ん?」て思ったことあったわ。
ま、大したことじゃないけど。


「なんだろ、それ?」力
好奇心ていうのは、【好奇心を持ちましょう】とか【持たなきゃね】とか、そーゆーことじゃないのかもね。
もっと本能に近いものというか。
知らないことに出くわした時「なんだろ、それ?」って思えるか思えないかだけのことって気がする。
なんだろ?の時点ではまだ、それが面白いことなのか、自分にとってイイコトなのかはわからないわけだから、ほとんど脊髄反射の領域というか。
自分には関係ない、って思った時点で、自動フィルタリングで除外してしまったら、もうおしまい。それ以上のことは入って来ない。
ただ、好奇心を持つ持たないだけで、いろんなものが違ってくる、って気づいたら、なんかトレーニングはできる気がする。
何が違ってくるって、ひとつには会話力っていうのかな。話題のストックっていうかさ。いろんな人と話がスムースにできるようになる。
深堀りすると、知識になって、やがて教養になるかも・・・と。
実践したら、もっと違うことが得られたり。
「なんだろ、それ?」力。
生まれ持ったものかも知れないけど。
なんでも「知りません」て、つまんないんじゃないかな・・・・


世の中「陰と陽」な
身近に、とても対照的な2人がいる。
あまりの線対称な感じと、それゆえに表れてくる目に見える差異、について極めて冷静に見ている自分。
両方とも大好きな2人。ジャッジではなく、考えさせられる。
個人としたら、おそらくたぶん、2人ともそれぞれ問題は抱えている。けど、アピアランスがまるで違う。問題の乗り越え方がちがうというか。

両方とも繊細なことは間違いないけど、
1人は陽気で開放的。自分の問題さえも公言してしまうような。
1人は暗く内向的。自分の問題は口を閉ざす系の。
1人はコミュニケーションを取りたがる。人のことをよく見ている。よく気づく。気づいたら口に出してくる。
1人は人と関わりたがらない。人のことは見ていない。言われたことも受け入れない。思うことを口に出すのが不得手で、たまに口を開くとマイナスのことを言う。
1人は好奇心が旺盛で、お!と思ったらトライする。人の意見を取り入れるのが上手い。
1人は自分の世界を守りたい。人に意見されるのを嫌う。

・・・ただねえ、この世は「陰と陽」だから(明るい、暗いの話ではないよ)、そういう要素を持った人間がいて成り立っている。
陽が陰より優れていて、陰は陽に勝てない、とか、そういうことではまーーーったくない。

ただ、ある種の人間は「変わる」もしくは「変える」ということに際して、ものすごく抵抗をもつということ。
変わることはそれまでの自分(とか、そのやり方)を否定されているかの如く感じてしまう・・・という、深層心理の問題、そしてさらに、誰にも褒められないで育ってきた・・・とかの生育過程問題に突き当たって、デッド・エンドなんだ。
いくら、そうじゃないんだよ、次のステップだよ、って周囲が言っても、自分内ハードルを自分で調整することが出来ない。
高かったら、自分で勝手に下げりゃいいじゃんて思うんだけどね、ハードルなんか。
それが思考の柔軟性というもので。
これも一種の思考停止なんだと思う。
きっとそういう自分が好きなんだろう。・・・・って風に私には見える。
まーこれも、好奇心の問題なような気がするね。

まあ、彼がもう中学2年生ではない、ってこと以外は問題ではないかもな。
逆に、周りも彼のことを、まさか中学2年生とは思っていない、ということが問題なのかね?

ただ、非常にクリアに見えるのは、「もったいない・・・」ってこと。
ほんっともったいない。あれだけイイモノを持ちながら・・・・。
早くうまいこと心をほぐして欲しいと陰ながら思ってるわけ。






他にもいろいろあったけど、もう忘れたわ。
私の頭の中の消しゴム現象。
posted by ガミガミ at 02:03| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女って強い、って思ったわ

今週はなんだか知らないけど時間がなかった。
そういう時に限って書いときたいことがたくさんある。
そーして時間ができた時には、何を書いとくべきだったか忘れてんだからたまんない。
とりあえず思い出した順・・・・


◆女って強い生き物だってこと。
◆鎌倉ってホント村だなってこと。
別なブログで少し触れたんだけど、本当にビックリしたことがあった。
今なら書いてもよかろうってもんだけど、鎌倉某所に、最高に美味いイタリア料理屋があったわけ。過去形よ。
あっちにいた時、私は常連だった。
すごくクセのある夫婦がやっている店で、イタリアで食べるより美味い!と思うものもたくさんあった。
イタリア職人気質のシェフの腕と感性はモノホンだったのよ。
それを独特のペースで制御していたマダムも味ある人だった。まあ、表現に困るのだけど。
あの店は客を選ぶというか・・・まあ、客もあの店を受け入れるか入れないかは強烈に分かれるところだったけれども、とにかく美味くて、私なんかイタリアから一時帰国したって必ず寄ってた。
帰国して、東京住まいになって、なかなか行ける機会がなかったから、遠のいてたんだけど、あるとき久しぶりに行ったらマダムはいなかった。
詳しくは書かないけど、マダムはいなくなってたのよ。
そして、別な人がマダム役になってた。
それに関して久々に行った私はシェフからあれこれ聞かされたわけよね。
だけどそれは彼らの個人的事情だから、関知したことかってことなのよ。そして気持ちはわかるけど、そんなことをあんたなじみの客にペラペラ言うもんじゃないわって思ったの。
だってあの店は【あの夫婦】じゃなきゃ意味がないというかさ。
私ら常連は、あそこに求めるものは【あの夫婦】だからさ、残念だけどこれは長いことないなと思ってたら、店はなくなることになったわけ。
全員が不幸になったのよ。当事者たちも、私ら常連もさ。
私はとにかくうまい店がなくなったことがショックだったわよ。
そして、マダムはどうしているのかな・・・・って気になってた。
気になってたけど、どうにもならないじゃない?
そしたら、先週末、発見したのよ。ていうか、再会ね。あり得ないような偶然よ。

私なんだかんだ言って彼女のことがたいへん好きなんだなって実感した。
だって、再会したらむちゃくちゃ嬉しかったもん。
再会が、と言うよりかアレね。
彼女が、そんな状況から立ち上がって前を向いている姿を確認できたらさ、なんていうの?女ってさ、強くできてるわよね、って思ったのよ。じーんとしたわ。
「何があっても鎌倉を離れたらイケナイと思って頑張っている」
って話してたわ。
ものすごく、いい言葉だと思ったわ。
そう、女って強いのよ。

そしてアレよね、やっぱ家庭を大事にしない者は滅びるわよ。

だいたい、その偶然てのもさ、見知らぬ人同士twitterで呼びかけて鎌倉で集まったんだけど、夕食はあらかじめセッティングしていた、オープンして1ヶ月ぐらいの新しい店に行ったわけ。
そこで、会ったのよ。
鎌倉って、私たち誰でも、町を歩けば知った顔に出くわすのよ。
私なんか10年以上離れてても、やっぱりそうなのよ。
何も変わっちゃいないわけ。
ま、村よ、村。
そしてこの村の住人たちは独特なリズムと価値観で生きているのよね。
それがとてもいいと私は思う次第。
だって自分の町だもん。いいに決まってるじゃないの。
ヨソの人にどう思われてもどうってことはない。


あら、長くなったから、これはこれだけにしとくわ。
posted by ガミガミ at 00:44| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

はっきり言って

100709_1509~01.jpgこれ欲しい。


王さん大好き。
posted by ガミガミ at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。