2010年05月30日

お客様

TS3I0114.jpg
posted by ガミガミ at 16:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『生きる』見た

ikiru.pngこの前からムショーに見たくなってたので。

オトナになった(なってから久しい)からなのか、トシをとったからなのか、それとも今の自分のアレなのか、過去見た中で、今回がいちばんシビレた。
こーゆーの見るって、シビレる時と、別にな時があるね。
今日はかつてなく泣けたわ。


彼は生きた。
けど、世界は変わらない。
しかしそれは大したことではないわ。
ただ、彼が生ききったことだけが、事実なのよ。
やーさんに「命が惜しくないのか!」ってすごまれた時の表情が凄いわ。


今、見た方がいいね。もう一度。
てか、あの当時は役所の批判してりゃ済む時代だったのか・・・・ってゆー新たな視点が加わったわ。
今は、どうよ。


生きる [DVD]


あら、「普及版」てのがあるのね。
こっちのほうが安いってだけなのかしら?
生きる<普及版> [DVD]<普及版> [DVD]


posted by ガミガミ at 02:32| 東京 ☔| Comment(2) | 映画横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

荏原神社のお祭り

お祭りシーズン到来で気持ちが盛り上がるところだけど、こうも寒いとねえ〜
今日なんか、秋祭りかと思ったわよ。

そらともかく。
ここら辺て、東の方に比べてイキじゃないわ・・・て感じてたんだけど、お祭りになると、粋なだんなが出てくるのよ。
なんか、昨日からこのお祭りをウォッチしてるんだけど、このエリアのことが、ちょっと好きになったわ。

いいでしょこれ。
だんな衆。
いなせなだんな衆
いなせなだんな衆
posted by (C)gamigami

荏原神社。
200万ビシッと寄付して、名前を出さない「某氏」アリ。
カッコいいわ。それこそイキってもんよね。
200万円寄付の某氏
200万円寄付の某氏
posted by (C)gamigami

こういうお囃子が「イイ」って感じるようになったのはトシとったからなのよ。
この前、おかまに言われてチョー納得したもん。
神楽太鼓
神楽太鼓
posted by (C)gamigami

いいでしょ。
_5293689
_5293689
posted by (C)gamigami

男は背中よね。
_5293749
_5293749
posted by (C)gamigami

昨日はこのだんなから、いろんな昔話を聞かせていただいたのよ。
_5293767
_5293767
posted by (C)gamigami

このエリアの特徴として、御神輿に太鼓がくくりつけられてるの。
それを交代で叩くのは、主に子どもたち。
_5293779
_5293779
posted by (C)gamigami

背後の緑が荏原神社なのよ。
いま、御神輿が到着したところ。
_5293753
_5293753
posted by (C)gamigami


規模もそれなりにでかい、町のお祭りらしいお祭りだわ。
よそから来た人が担ぐっていうよりは、各町会が思いっきりやってる感じ・・・。
こういうの、いいわ。


posted by ガミガミ at 22:54| 東京 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

聖子ちゃんの歌唱力

我々クラスの間で密かなブームになっている聖子ちゃん。
当時ちーともイイと思わなかったんだけど、今になったらすっごくイイのよ。
なんていうか、イイのよ。


努力とチャンレジの人だと思うわ。
で、聖子ちゃんもある時点からはヘタクソじゃなくなった、という認識があるものの、それって90年代を過ぎてからなイメージだったのが、これをみつけてひっくり返ったわ。

84年の武道館ライブだって。
当時から、こんだけ歌えてたんだね・・・・
なんか悪いことしてたね、私たち。

結局、聖子ちゃんて
あのデビュー当時の異様なぶりっ子路線、その後のスキャンダル路線、猛々しい感、したたか感、へこたれなさ・・・・なんかがシンボル的に語られて、「生き方」がクローズアップされることはあっても、
ヴォーカリストとしての歌唱力とか表現力という点では、正統な評価をもらえてないんじゃないかしらね・・・。


posted by ガミガミ at 00:18| 東京 🌁| Comment(0) | 音楽横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

郷ひろみかっちょいー!

ちょっとさー!
もう、見に行くしかないんじゃないんじゃないんですかー!



posted by ガミガミ at 22:34| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

姿かたちのないものに頭を下げるということ

土曜日、かねてより計画していた「うたごえツアー」決行されました。
要は大人数で、でっかい車を借りて歌を歌いながらどっか行くってわけ。
今回のツアーは「ディスカバー・ジャパン」シリーズの一環として、「東国三社」と言われ、関東エリアを守護している鹿島神宮・香取神宮・息栖神社をめぐり、銚子港で地魚を食べまくるという企画。
タク&トク、そしてうちの3家族でゴー!ひろみ。


ディスカバー・ジャパンの話は別なところに書くとして、結論だけいくと、今回しみじみ感じたのは
姿かたちのないものに頭を下げること
の重要性。

まあ、「常に謙虚を忘れず」とか「常に感謝を忘れず」とか朝会で絶叫している会社もありますように、ジャパンにとって謙虚さとか感謝の心って非常に大事なこととされてるんですけど、
じゃあ、謙虚ってなに?感謝ってなに?
っていうとこまでは、実は掘り下げられないわけで。

特に感謝って、
何かをしてもらったことへの感謝
っていう概念になりがちなんですけど、そればかりでもないだろうよ、と思うわけです。


まあ、単純な話として
空と大地の間に生命があるわけ。
人間もその生命の中に含まれてるんだよ。
そんで、生命っていうのは、太陽と空気と水がなきゃ生きられないわけですから、太陽と空気と水があることに、そもそも感謝しないといけないわけよ。

いにしえの人たちは、そーゆー至極単純なことをキッチリわかっていたから、自然を司っているものに対して
「いつもお世話になっております」
って表す行為も含めて人生としていたわけでしょうな。
いつの間にか人間は傲慢になっちまったから、自然を超えた存在かのように勘違いしちゃってるわけよ。

そんで、神社ってのは、まあ、いろいろアレなわけだけど、そもそも論でいうと、そんないにしえの人たちが、
この石には神様が降りてくるよ、とか
この樹には神様が住んでんだよ、とか
この蛇は神様の言葉を喋るんだよ、とか
そんな風にして大切に考えていた場所に、乱暴に言やあ、
小屋を建ててカタチにしたに過ぎないんじゃないのか、って思うのよ。
だから神社に頭を下げるというよりかは、
自然に対してとか、
自然を司ってるスーパーパワーなアレ=神
に対して頭を下げるってことなんじゃないか、それが謙虚であり感謝なんじゃねえのか、て思うわけよ。


こんなことを言うと、ガミガミさんは最近スピリチュアルな人になったとか言われるんですけど。
最近じゃないです。昔から漠然と思っていたことが最近になって特に腑に落ちただけ。


エライ人とかにペコペコすんのはイヤだけど(てか、できない)、相手は人間じゃないのよ。
手を合わすとか頭を下げることによって、「生きてるだけで丸もうけ!」って気になってくんのよ。
だって宇宙の絶対真理=自然に対しては、我々クラスはひれ伏す以外できないと思うのよねえ。
自然を制御しようったって、リームーなのよ。


だって、あんたがいくらエラくたって、沈もうとしてる太陽を逆戻りさせることはできないじゃないのよ。

西に沈む夕陽
西に沈む夕陽
posted by (C)gamigami

お魚だって養殖より天然のほうが美味いわけだし、
うまい和牛だって、なんかのウィルスにはやられっちゃう今日この頃なわけなのよ。



そんだけよ。

写真これ。







posted by ガミガミ at 18:41| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

億千万!

最近気がついたんだけど、郷ひろみってスゴい。

で、この曲、出た当時は「なァにこれ・・・」って、まったく好きじゃなかったんだけど、今になったらスゴいカッコいいと思ってる。
私が、やっとひろみに追いついたのか!的なオドロキw

今日もみんなで出かけた車の中で、これかけて車窓に流れる田舎の風景見て盛り上がった。
かもんジャパーーン!

花の色は移ろい易くても、
人は愛の夢を見ずにいられない、誰も
なのよ。

売野雅勇なんだね・・・作詞。



てか、秀樹、五郎、ひろみの中で、今もゲーノー人として現役感あるのはひろみだけ!
しかも一時の迷走ぶりから、ナウ完全に突き抜けちゃった感、振り切れちゃった感がスゲー。
見たら、ほぼ毎日どっかでライブやってるんじゃないの!
スゴいわよ。スゴい!



posted by ガミガミ at 03:10| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

領域越え

昨日、ある方のご案内で、かつての仲間たちと2丁目のおかまに会いに行ったんだけど。

そんな折り、なんかの拍子に出てキタのが
『領域を超える』
っていうフレーズ。

どういう流れで出てきたのか忘れたけど、
なんかイメージが残ったので、書いておくのよ。

そう、領域を超えるってことは、固執しないってことでもあるのよ。
自分のことを決めつけない。
とらわれない。

おかまだっていいじゃん。
男でも女でも、そのどちらでなくてもいいじゃんか。
「別に」じゃん。

むしろ領域を超えることによって、見えてくる新たな風景がね。


ま、そんな。



posted by ガミガミ at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

宮尾という名前について考えた

さっきトイレで思ったんだけど。

我が実家にとって、宮尾ってさあ、事実上、もう【ご神体】なのよね。
老夫婦の心のよすがというか。
すべてが宮尾を中心に考えられている。
宮尾をすこやかに生活させることがすべてとなっている。
宮尾が平和であれば、家はうまくいく。宮尾が具合悪くなると、家はよろしくない。

猫が長く生きると神の領域行くって言われるじゃん。

要は、そういうことなのかなーと思ったわけ。
ご神体。ヨリシロってヤツですね。


・・・でさあ、宮尾って名前を付けたのは私だけど、これってすごくない?
「お宮さんに尾っぽがついている」ってことだよ!!


おおお!と思って、うん子さんをしたわけよ。今日ね。


そんだけよ。
posted by ガミガミ at 15:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何かの作用を受けてしまう自分

いやー、今日は参った。

そもそも湿気に弱い体質ってのと、湿気っていうか気圧の変動、月の満ち欠けとかがもろに体調に影響するんだけど、今日のもそういうのかね?
なんかえも言われぬ不愉快な1日だった。

ナニガだかよくわかんないけど、
不愉快で不愉快で、参りました。

あまりに不愉快で、結局何も生産的なことが出来なかったさ。

で、それならそうと、ちゃっちゃと見切りを付ければいいものを、人間てもがくじゃん。
何かしなくては、進めなくては、と思うじゃん。

で、進まない。
→さらにイラッとする。

みたいなさー。




宇宙から見たらホントバカなアレに過ぎないわ。
ちっちぇーな私。
そらそうだろ。物理的にも小さいわよ。



で、
「そういうときは盛り塩しろ」
「そういうときは寝ろ」
というご神託を受け、実行したら、リセットされた。
爆睡してやったさ。


「郷ひろみベスト」
「Beth Carvalho Ao Vivo」
よりも効果がある、ということがわかりましたよ。


今後こういうときは、塩を盛って寝りゃあ済む、ということよ。

確実に来る更年期障害のために、参考になりましたよ、もー。
てか、マジで更年期になったらさー、こんな感じの毎日になんのかー!ゾッとするわ。
ゾッとするわよ。


明日は快晴でお願いします。


てかねー、要するに修行が足りないんだろうね。

なんかこう、マジで、坐禅とか、やったほうがいいんだろうね。

星にせよ、環境にせよ、人間にせよ、
なんかの影響を受けてしまうってことは、要するに修行が足りないのよ。
そう思いましたな。

こういったものすべて、要は【技術】ていうか、【科学】の世界だと思うのよねえ。

禅、シンプル生活のすすめ (知的生きかた文庫)

あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法

白隠禅師―健康法と逸話

禅、「あたま」の整理―悩んだ僧侶が見出した、自分を見つめ直すヒント (知的生きかた文庫)

てか、本もいいけど、円覚寺でも行って体験してみなって話だと思うわ。
近いんだから。



posted by ガミガミ at 01:19| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

ポンヂケージョ

100520_1058~01.jpg作ってやった!
posted by ガミガミ at 10:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛せんせい

愛センセイが、またかっ飛ばしてくれている。

夢の空手形

最近の若者には、あまり夢がない、、、という批判を聞くことが多いが、それでいいのではないか。
先の幸福よりも今、自分の手ごたえの中での実感や快適さを求めて何が悪いのだろう。
今の生活を犠牲にしてでも働いてくれない、、、という企業サイドの不満でしかないと思う。
もう企業などに命なんかかけては馬鹿らしすぎる時代に入っている。
やりがいがあったり、それが好きだったりするならもちろんかまわないが、我慢して会社のために自分を犠牲になどする必要などない。



そして今、自分にあるもので、自分の周囲にあるもので、今の自分自身で幸福になってしまう。
いつかきっとを、今ここで、、、に変える。
今ここでできないことは一生できない。今、ここで隣の人に微笑めばいい。
今、ここで隣の人と親しくなればいい。今、ここで自分自身と和解し親しめばいい。
夢があると、いつかきっとがあると、今の自分を許せなくなる。そして誰かが与えた価値観に縛られ、自分を失う。
夢への期待値と自分の嫌い度は正比例している。
今ここで、の意識と実践は必ず自分を愛することにつながっていく。



新しい手ごたえは、今、ここで、、、であり、夢を追うのではなく、現実を夢にしていく、今を天国に変えていくやり方。
今くつろぐ、今わけあう、今助け合う、今笑う、今親しむ、今食べる、今息をする、、、仕事の後のビールも確かによいが、巧妙な夢のやり方にはもうだまされてはならない。



凄いですな。



・・・・てか、今ふと思ったんだけど、

じゃあ、50代になったらサンパウロ移住
じゃなくて、
もう、今行っちまえ!ってことか?

あ、なに?そういうこと?
そういうことかな?

でも今じゃないんだよなあ・・・私ん中で・・・・



posted by ガミガミ at 10:16| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

美徳を忘れた日本人は滅びるよ

酒井、香川、山村、永井がW杯帯同…サポートメンバー カズは落選


てかさあ、
勝たないんだから、盛りアガんなきゃしょうがないじゃん。


てか、アレだよ。
この人、人生の最終章にきて、人の情けを得られずに死ぬと思うよ。

そういうふうにできてんだから。


posted by ガミガミ at 10:41| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

NHKがなんかやらかしてるらしい

タイフェスのあまりの人出にうんざりして、公園通りの方に出ると、
そこでも拡声器を使ってナンカ言ってる人たちの姿。
NHKに抗議していた。

なんでも、
台湾と日本の関係についてのドキュメンタリで、なんか著しい変更報道と見られる表現が多発したとか。

で、
今日(16日日曜)21:00〜放送の番組で、
サブリミナル手法を用いて、ある特定のイメージを刷り込もうとしているらしい。
録画してコマ送りしたら、はっきりわかると言われたの。

そう言われたら、見てみなくっちゃと思うじゃない。
録画の準備OKよ。


NHKに抗議する団体
NHKに抗議する団体
posted by (C)gamigami

NHKに抗議する団体
NHKに抗議する団体
posted by (C)gamigami

NHKに抗議する団体
NHKに抗議する団体
posted by (C)gamigami


まあ、私は、どの機関であろうとも、報道ていうのは「偏向」しているものだと思っているけど。

NHKは、しょもない番組より、海外の秀逸なドキュメンタリを買い付けてくれるので、実はなくなったら困っちゃうわ。

さて、件の番組、そろそろ、はじまるよー!


あ、
そのサブリミナル画像には何が写っているのか、って質問したら、
「金正日の笑顔」なんだって。

すかさず「いや〜、エビジョンイルの笑顔だったら?」って返そうと思ったが、やめた。




posted by ガミガミ at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代々木公園タイフェスティバル

タイフェスティバル。
(旧タイフードフェスティバル)
そこで見たのは、人、人、人・・・・・・・・

とにかく、これ的なイベントでは最大の動員数を誇るらしい。
けど、なんでだろう?
なんでだか今ひとつわかんなかった。


で、タイ本体では、こんなニュース
<タイ>死者25人に 占領地北側、軍が実弾発砲宣言

東京では、いっさいそんな気配すらなく。
・・・・・そんなもんか?

とにかく、狭い空間にびっしり人しか見なかった。

タイフェス
タイフェス
posted by (C)gamigami

タイフェス
タイフェス
posted by (C)gamigami

タイフェス
タイフェス
posted by (C)gamigami

こども@タイフェス
こども@タイフェス
posted by (C)gamigami

タイフェス
タイフェス
posted by (C)gamigami
posted by ガミガミ at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

困っちゃってんのよ

「忙しい!アピール」って、どうにも好きじゃないんだけどさ、
考えたら、私けっこう、かなりなこと忙しいんじゃん!!!!!てことがわかり始めたマーイレボリューションなのよ。

どうしたらいいのよ?

気ばっかり焦ってんのよ。

この前まで、のんびりやりたいわとか思ってたのにさ。
現実、違っているじゃないの。

そして、
それなのに、なんかのんびりしてんのよ、私。

困ったわよ。

てか、あれよ。
タスクを洗い出して軌道に乗せなきゃ行けないのよ。
それ、やってからのんびりしなさいよって話よ。

そんなこたわかってるわよ。

でも、なんか時間がないのよ。過ぎてっちゃうのよ、時間が!

ハーーーーーーーーーーー

どうしたものかって話なのよ。

ま、1人でやるしかないのよ。
はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



posted by ガミガミ at 19:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピン行きの衣料物資の行き先はコロンビアに変更されましたw

去年さー、大騒ぎして衣料を集めたのよ。
夏頃だったかしらね。

何のためかってゆーと、フィリピンでゴミを収集して生きている人たちの映画を見たときに、いらない服を送りましょう計画に賛同したからなのよ。

あっという間に集まったわよ。自分のもそうだし、友だちからも集まった。
とっとと段ボールがいっぱいになったのよ。

で、モノだけ送るのはイヤだから、メッセージを書いて添えたいと思って、近所の飲み屋で働いてるフィリピン人に相談したのよ。
そして、メッセージを翻訳してくれる約束をして、時間が経過して、そのまんま今に至ってるのよ。


まー私もフィリピン人もゆるやかなのよ、そこらへんが。
私も、「ちょっと!メッセージどうなったのよ?」って言いにいきゃいいものを、ま、そんな時間がないってのもあるわよ。

で、段ボールは依然として、ここにあるわけ。

まったくどうしたものか・・・
と思っていたところ、救世主あらわる!!!!


柴田大輔さんという、南米の先住民族の現状を撮り続けているカメラマンと今日お会いして、いろいろ話しているうちに、衣料を届ける件が飛び出したのよ。
「うちにある!!」ってことで、持っていってもらうことにしたの。

そんなわけで、衣料はコロンビアの先住民族に行くことになったわ。
段ボールは旅立っていったの。

とにかく、困ってる誰かの役に立ちゃ、それでいいのよ!
しかも、信用できる人物の手で、直接手渡されるのよ!

よかった・・・・ほんっとに、ホッとしたわ。


柴田さんありがとう!


shibatasan.jpg


柴田さんの件は、また別途ちゃんと書く。



posted by ガミガミ at 18:46| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

『告発は終わらない―ミートホープ事件の真相』読了

meathope.png告発は終わらない―ミートホープ事件の真相

元「29の会」として、お肉業界の動向をイロンな意味で気にしてたけど、ミートホープの「偽装」ほど衝撃的なもんはなかったわね。
そして、あの告発に踏み切った元常務の赤羽氏が、NHKの番組で語った内情は衝撃で、私もこんなエントリを上げたのよ。
てっきり味方だと思ってたら敵だった

この本を買ったのは、赤羽氏の勇気に敬意を表すため。
ドキュメンタリな内容だから、1日で読めるわ。でも、改めてスゴイ話なのよ。

いくつか感想を。

ミートホープの社長(田中)は天才。天然の「エコマフィア」かも
・あの社長の人格がイカれていて、「食の安全」なんていう概念は存在しなかったことは言うまでもないが、あの組織は異常だ、という点においてはそもそも中小企業のワンマン社長なんて、大なり小なり、こんなもんじゃないの?という前提で。

・肉とも呼べないしょーもないクズ部位、腐乱臭を発しているどっかの売れ残り肉、使いようのないパン・・・要するに「廃材」をかき集めて、どうにか肉っぽく仕立てるアイディアと技術。日夜研究。もちろんカネ欲しさ、という動機にひもづいたものだけど、この情熱は凄い。
(読んでいて気持ち悪くなった。オエ。)

・世間を圧倒的に敵に回した「安い肉を喜んで買う消費者だって悪い」発言は、それでも真理であることは間違いない。

・実際、取引先は「明らかに肉じゃないものが入っていた」等のクレームを出していたけれど、消費者含めて「味についてのクレームはなかった」という事実。

・原産地とか賞味期限とか、内容物とかの虚偽の表記・・・要するに牛肉100%じゃないものを、牛肉100%だとして出荷したことは犯罪。
でも、仮に、彼の手腕で編み出された「加工肉」の安全性が証明されていて、かつ内容物を表記すれば、それなりの適正価格で売ってよし、となったら話は違ってくる。

・捕まっても「反省の色なし」ってのは、「悪いことをした」っていう意識がほんとうに心底ないから。
しょもないもんでも、工夫すりゃ食えるようになる→原価を押さえて利益をいっぱい出す
どっちも真理。王道。

・行き過ぎた「もったいない」精神。つまり究極のケチ。儲けたカネをナニカに還元する発想がない人。蓄財といったって、土地買って、豪邸立てて、高級外車乗り回して、せいぜい愛人つくって・・・・ぐらいなもので、スケールがちっせえ。
コロンビアのマフィアみたく、汚く儲けたカネで、地元に学校とか病院とか作れば、まだ一抹のカッコよさがあるものを。


消費者庁ができたことが解決につながんのか?
・発覚後マスコミでさんざん報じられた話だが、再三に渡って、赤羽が実情を訴えたにも関わらず、農政事務所も保健所も何もしなかった。危機意識のかけらさえなかった。
要するに、めんどくさいから動きたくなかった。

・結果として、この事件を機に、消費者庁ができることにつながったが、だからなんだというんだろう?
二度とこんなことが起きないとも思えない。

・赤羽が偽装に気づいて、いたたまれなくなり、納入先にタレ込み電話を何度もした。納入先には、給食センターもあり、「その肉はやばいです」って言っても、「へえそうですか」ぐらいで、調べようともされなかった。
「食の安全」意識がなかったのは田中だけじゃなく、給食の現場だって同じじゃん。

マスコミもマスコミで、しょーもない存在
・新聞の社会部の人間っていったって生活感がなく、豚ひき肉に豚以外のものが混ざっていることのヤバさが「わからなかった」ってのにはウケた。

・結局、朝日の本社しかこの事件のヤバさに気づかなかった。NHK含めて、どこも本気で調べようとしなかった。北海道新聞さえも。

・「ミートホープが悪い」って決まってから、すべてのマスコミが安心して田中や行政を叩くようになった、ということ。


私の結論としては、
1)田中が悪いのはもちろんだけど、放置していた行政てか役人、マスコミ、それ以上におかしくねえか?
て感じ

2)だから、冷凍食品とか、そもそも私は買わないし、スーパーなんかでひき肉は買いたくないんだよ

3)てか、もう肉食わなくたっていいんだよ


4)企業なんか、ほっときゃ悪いことをするもんだ、ぐらいの意識を消費者も持とうよ


以上。

人間の愚かさについて、一読の価値アリ。
告発は終わらない―ミートホープ事件の真相


posted by ガミガミ at 21:57| 東京 ☀| Comment(2) | 本横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カズってカッコいいな・・・しみじみ

カズ、岡ちゃんに熱望「W杯連れてって!」

泣けた。

人間、実現させたい夢があるなら、それがホンモノなら、ちんけなプライドなんかにこだわってる場合じゃないんだよ、ってことを示しているよね。
逆に、ちんけなプライドを優先させるようじゃ、本当にやりたい夢ではないということなんだろうな。

もうさー、この時点で、岡田とカズではどっちが「人物」なのかは歴然としちゃうよね。

そして、いまだこんな熱い気持ちを持っている男がプレイヤーとして存在してんだってことに、若い選手は何か感じるべきですな。


てかね。
W杯に関して、ちょっとみんな勘違いしてるんじゃないのかしら?

今さら岡田じゃ勝てないとか、協会がどうのとか自明のことを言ったって、どうしようもないわけよ。
この国で組織と名がつくもので、まともに機能してるもんを探す方が難しいんだから。

「日本のサッカーを」すれば「ベスト4」とか、なんで言うのかね?
サッカーのことバカにしてんのかって状態でしょ、正直あんたさー。

いいじゃん、もう、「勝ちに行く」とか言わなくたってさ。勝てないんだから。
でもさ、私たちはいいもんを見たいのよ。

ワールドカップって、4年に一度の例大祭みたいなものよ。
サッカーの神々の祭典よ。
要するに、お祭りなのよ。
はっきりお祭りじゃん、て言えばいいじゃん。
他の国は勝負しに行くのかもしんないけど、日本は違う。日本はお祭りに参加するのよ。
ちょっとあさっての方向だけど、真剣に楽しみに行くよ、もしかしたら勝つこともあるかもね、って言った方が、よっぽど楽しいわけよ。

そういう目で見りゃ、人選なんかも自ずと変わってくるわけよ。

だから、今度のW杯メンバーは、この前の名波の引退試合だっけ?
あんな感じのメンバーでいいじゃないの、って、私は思うわね。
アレに森本君とか本田を入れりゃ、楽しいじゃないの。

ま、カズは連れて行くべきね。
私は見たいわよ。
たとえ動けなくたっていいわ。ピッチに立つカズを見たいのよ。
そっちのほうが、よっぽど日本人の精神衛生上、いいと思うわよ。
だって「勇気をもらいました。感動をありがとう」の世界じゃん。

他の、まともにサッカーやってる国と同列に語ろうって方が、間違いってもんじゃないかしらね。

カズは行くべきよ!
岡田、あんたもいい加減、わかりなさいよ。






posted by ガミガミ at 13:07| 東京 🌁| Comment(2) | ニュース横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

婚活関係も大変だね

夏木マリが昨今の“婚活”ブームをバッサリ! 「なんで活動しなきゃいけないの?」

「会社での婚活ブームの流れに乗った方がいい?」という悩みに夏木は「私はナシだと思う。だいたい“婚活”って言葉が気に入らない。なんで活動しなきゃいけないの」と一刀両断してみせ、隣の菅野は熱心に聞き入っていた。



てか、婚活を「したほうがいいの?しないほうがいいの?」とか聞いてる時点で、その人、もうダメですから。

そして、夏木マリのようないい女だからこそ言って説得力のあるセリフですから。
モテなかったわけじゃない女と、単にモテない女はまったくベツモノ。

夏木マリクラスって、なかなかいないです。
で、そういう女は【恋の悩み】なんかを誰かに回答してもらおうなんて思わないもん。


ま、いずれにせよ、人生楽しんだが勝ちですな。




posted by ガミガミ at 22:21| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。